ランナー膝治療本文へスキップ

ランナー膝 大阪 大阪市淀川区 治療

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-6224-4693

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

ランナー膝治療は大阪市淀川区の東洋医学治療センター

ランナー膝治療はプロの治療スタッフにお任せ下さい!

2012年8月 アメリカオバマ大統領からGOLDAWARDを受賞
2015年7月 国連機関のWHFから顕彰を受賞

ランナー膝

ランナー膝 ランナー膝は、長距離ランナー等のオーバーワークによって発症しやすいスポーツ障害です。ランナー膝の好発年齢は、30〜50歳代に多く認められます。

 ランナー膝は痛みの原因によって、腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)・膝蓋軟骨軟化症(しつがいなんこつなんかしょう)・膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)・鵞足炎(がそくえん)に分類されます。子供の膝の痛みの場合には、オズグッド病もあります。

 ランナー膝は、安静を保つことによって自然と改善する場合も多くあります。ですが、何度も繰り返す場合や痛みが1週間以上継続して起こるような場合には、症状が悪化して走れなくなる事もあります。このようなランナー膝の場合には早期の治療開始が重要です。 

 ランナー膝の多くは筋肉バランス異常やアライメント異常で発症します。その為、シップを貼ったりマッサージを継続しても根本的原因にアプローチしているわけではないので改善しない事も多々あります。当院では、ランナー膝の度合いや症状に合わせて、鍼灸治療・テーピング療法・整体療法、予防のためのスポーツテーピングも行っています。

ランナー膝治療に対する考え方

 ランナー膝の97%の方は、骨には異常がありません。それでも、走るだけで膝に痛みが現れます。症状が悪化している方の場合には、歩く・階段を下りるなどの日常生活動作でも痛みでが現れます。

 ですが、レントゲンを撮っても『異常なし』といわれてどのようにすればいいのか分からず、シップを貼って過ごしている方が多いのも現状です。

 このような現状の中、1つ考えてもらいたいのが痛みが出るのは骨だけではありません。レントゲンは骨折を調べるための診断装置であり、筋肉の状態はわかりません。つまり、レントゲンを撮って異常なしと言われた場合には、『骨折はしていません』と言われたと思って下さい。膝関節を構成している、大腿骨・脛骨・膝蓋骨に異常がなかっただけで、”膝関節周辺組織”である筋肉の状態はレントゲンでは分からないのです。

 特にランナー膝の場合には、大腿四頭筋に問題がある場合がほとんどで、ランナー膝を改善するためには膝関節を考えるより膝関節周辺の組織の状態を考えなければいけないのです。

 また、重心の位置も重要となります。重心の位置が乱れていると筋肉の付き方も乱れてしまいます。その結果、走る時のフォームの異常が起こり何かしらの負荷がかかりやすい状況にあることも考えられます。

 当院では、このような考え方を基本にランナー膝の治療を行っています。 

ページ下部にランナー膝に役立つ動画を公開しております。

information

アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は、厚生労働省認可の治療院で鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所有者による治療を行っております。
 当院はUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得、さらにアメリカ合衆国からGOLD AWARD、国連機関のWHFからの顕彰を受賞した唯一の治療院です。
『最近、走っているときに膝が痛いなあ』
『ランナー膝がなかなか改善しない…』
変形性膝関節症と診断されたけど走りたい!』
そんな時はぜひ当院にお越しください!
国家資格を持ったプロのスタッフが対応します。

プロの治療によって、ランナー膝の症状もすっきり解消!
『ランナー膝の痛みがなくなった!』
『運動しながらランナー膝の痛みが消えた』
と驚く患者さんもいらっしゃいます。

あなたの症状に応じて、電気を使った治療器や、超音波治療器、スポーツ鍼灸なども行っていきます。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、症状の早期改善のために進めてまいります。
いっしょに快適なスポーツライフを取り戻しましょう。

ランナー膝治療は大阪の骨格の専門家にお任せください!

整体療法 ランナー膝治療後に『1回目からランナー膝治療の効果が分かる』と評判の野村式スポーツ障害治療。 これまでに数多くの相談を受け、多くのランナー膝の改善とともにたくさんの笑顔を見てきた大阪の専門家に一度ご相談ください。

 ランナー膝に関する治療技術はもちろん、さまざまなのスポーツ障害の悩みを解決してきた経験から、健康な身体になれるようサポートします。

ランナー膝についてのおすすめ動画

膝の構造


ランナー膝に大切な筋トレ法


膝関節内側のサポートテーピング

診察受付時間

受付時間
10:00〜21:30 /

・土曜診療は8:30〜13:00の受付となります。
※土曜日の受付は女性のみとさせていただいております。
・日曜診療は8:30〜19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

ランナー膝治療に当院を選ぶメリット

.ランナー膝の状態がわかります。
 ランナー膝になってしまった原因やパターンをわかりやすく説明します。あなた自身のランナー膝のパターンを理解することによって、有効な治療法や無意味な治療法をあなた自身が判断できるようになります。

.最新の治療法
 当院は日本でトップクラスの治療の経験を持ちます。これまでの経験からの考察し最新のより良い効果的な治療を受ける事ができます。軽度の症状であればマニュアル的な方法で改善することが可能です。ですが、慢性化している症状や中等度以上の症状の場合にはあなたの身体の状態にあった治療を行うことが改善のためには必要です。例えばマッサージ。○○式等とついていても、身体の外部から刺激を加える圧力が違ったり施術者の手や足など行う場所が違うだけのことがほとんどで結果はどのマッサージと同じです。マッサージは肉体疲労の改善には役立つかもしれませんがランナー膝の改善目的では無効と考えられています。

.アフターフォローが充実
 ランナー膝が筋肉性・骨格・ランニングフォームの何に起因するのかによって当然対処法や日常のケアは異なります。当院では治療効果の維持とランナー膝の再発を防ぐため、一人一人にあった体操やトレーニングを指導しています。

.全て国家資格所持者
 骨格の構造や運動障害などの基本的な知識を有した医療系国家資格所持者によるランナー膝治療を行っています。「そんなの当り前では?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、恥ずかしながら無資格で治療に類似する行為を行っている人がいるのが現状です。

.世界に認められた実力
2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年7月 国連機関WHF(World Human Facility Community)から鍼灸スペシャリスト認定

○最新の治療法で、ランナー膝の根本的原因からの回復を心がけます。
○常に患者さんの目線でランナー膝治療を行います。
○的確な状況把握を行います。
○患者さん1人1人にあった最も適したランナー膝の改善方法を提案いたします。
○付加価値の高い技術を提供するために日々努力を怠りません。

【ランナー膝治療に御来院いただいている地域】
大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区・大正区)
大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府東大阪市・大阪府富田林市・大阪府泉佐野市・大阪府箕面市・大阪府羽曳野市・大阪府堺市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市
奈良県・京都府・岐阜県・和歌山県・岡山県・愛知県・滋賀県・徳島県
2016年2月22日現在

野村 繁樹柔道整復師・鍼師・灸師

2003年に大阪市淀川区に鍼灸整骨院を開業。専門は漢方医学・東洋医学
2012年 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

Runner's kneeランナー膝

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 080-6224-4693
mail toyo_medicine@ezweb.ne.jp
日曜日もランナー膝の鍼灸治療を行っております。
最寄駅:新大阪駅

ランナー膝の治療予約
鼠径部痛症候群