シンスプリント本文へスキップ

シンスプリント 大阪 淀川区 新大阪

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-6224-4693

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

シンスプリント

股関節痛 シンスプリントは、脛骨(スネ)の内側の下から1/3付近に痛みがあらわれる症状をまとめてシンスプリントと呼びます。シンスプリントによる痛みは、初期は運動中だけ出てくることが多く、進行すると日常生活でも痛みが現れるようになります。シンスプリントの別名は『脛骨疲労性骨膜炎』とも呼ばれていますが、実際には筋肉に問題が起こっている事がほとんどです。シンスプリントに関係する筋肉としては、後脛骨筋、ヒラメ筋、足底筋、長趾屈筋、長母趾屈筋等が関連します。
 また最近では、下腿部に痛みが出る病態をまとめてシンスプリントと呼ぶこともあります。この場合、下腿部前面に痛みがある場合や外くるぶし付近に痛みがある状態など、脛骨内側以外の痛みも含みます。

 シンスプリントの好発年齢は、運動が盛んな年齢である10歳代〜40歳代に多くみられます。ジョギングやマラソンなど陸上競技やバレーボールなどのジャンプをするような運動、テニス等の急激な横運動を行うスポーツをされている方に発症しやすい傾向があります。

シンスプリントは、適切な治療が受けられないと改善しにくい病気です。また、一時的に休んで痛みがなくなった後でも、運動を行うと再び痛みだす事も少なくありません。このような理由から、痛みで運動の継続をあきらめてしまう方が多い病気でもあります。

シンスプリントは、適切な治療を受けることで早期の回復が可能です。シンスプリントになってしまったら早期の治療開始をお勧めします。本気で”改善したい”という方を当院は全力でサポート致します。

シンスプリントに強い影響を与える後脛骨筋

【起始部】下腿骨間膜後面後脛骨筋【停止】 舟状骨、全楔状骨、立方骨、第2〜4中足骨底
【神経】 脛骨神経
【作用】 足関節の底屈、内反
後脛骨筋は、足の内側縦アーチ(土ふまずの部分のアーチ)を形成する重要な筋肉です。その為、走っている時の衝撃を吸収するためには後脛骨筋の筋力が必要です。さらに地面を蹴って足を前に運ぶ時にも後脛骨筋は働きます。
また、立位を保持するための安定感に関与する筋肉でもあります。
シンスプリントの原因となる場合もあります。

*後脛骨筋に問題がある際の症状*
 ○足の内くるぶし(内果)部の痛み
 ○歩行時の痛み
 ○朝起きた時て一歩目の痛み(足底腱膜炎様症状)

後脛骨筋を痛める原因

 後脛骨筋を痛める方の特徴として、踵骨(かかとの骨)が回内位を取っている事が多くあります。後脛骨筋の筋力低下によって回内変位がある事は舟状骨が下がり出っ張ったように見える事で判断が付きます。 このようなゆがみがあるため、後脛骨筋腱に常に引っ張られるような伸展ストレスがかかってしまいます。その結果、後脛骨筋を痛めてしまう事になります。
 特に踵骨に回内変異がある長距離ランナーの場合には、長時間にわたって後脛骨筋腱に伸展ストレスがかかり続ける事になります。
 この状態が長期間続く事によって後脛骨筋腱機能不全症(PTTD)が発症してしまう事があります。

 シンスプリント治療

シンスプリント シンスプリントを起こしている多くの方がヒラメ筋と後脛骨筋の短縮や筋委縮が起こっています。これらの筋肉は、無理な使用を繰り返すことによって短縮しています。また、シンスプリントを起こすこれらの筋肉は、表層の筋肉ではなく深部の筋肉です。その為、マッサージやシップを張るなどの繰り返しでは、シンスプリントの症状が改善する可能性はありますが、シンスプリントから根本的に回復する為には非常に時間がかかってしまいます。

 当院では、シンスプリントを起こしてしまっている深部の筋肉の短縮を鍼灸治療によって早期に改善し、その後テーピング治療を行う事によって筋肉にかかる負担を軽減させながら治療を行っていきます。そうすることで、整体療法を行うよりは28%、シップなどの薬物療法よりも44%早く改善できています。また、痛みを止めるだけでなく他の関節に対する負担を下げ、周囲の関節損傷などの合併損傷を防ぎます。

 更に、シンスプリントによる痛みの軽快に伴い、再発防止を目的に歩き方・走り方などの運動フォームの見直しを行い、シンスプリントの再発防止を目指します。

シンスプリント治療方法

 当院でのシンスプリントの治療法には、スポーツ鍼灸・テーピング治療・AKA(関節運動学的アプローチ)・カイロプラクティック療法・運動療法があります。
 軽度から中等度の場合は整体療法・テーピング療法・運動療法で改善が期待できます。
 中度から重度の場合には、鍼灸治療・テーピング治療で症状の軽減が期待できます。
 シンスプリントの予防には、テーピング療法を主に行っています。

 シンスプリントの原因は、『使い過ぎ』、『走り方のフォームの異常』、『足の内側・外側の筋力バランス異常』、『関節運動の異常』の4つのパターンで起こります。

 当院では、これらの状態に合わせて治療法を決定し治療を行います。また、『このような治療が受けたい』というようなご希望がある場合にはご相談ください。症状次第で可能であれば、ご希望に沿った治療法を選択いたします。

シンスプリントの平均治療間隔

 基本的な治療間隔は、初期は5日に1回のペースで治療を行います。その後7日に1回のペース、2週間に1回のペースと徐々に間隔をあけていきます。

シンスプリント平均改善期間

 シンスプリントの症状の改善は、運動の有無・運動量に大きく影響されます。
 運動を控えながらで、症状改善期間が1カ月前後
 運動を行いながらで、症状改善期間が3カ月前後かかります。

シンスプリント治療料金

 当院では、シンスプリントに対して鍼灸治療とテーピング療法・整体療法を行っています。
スポーツ障害の治療を行う際に、『運動を休まなければならないのか』『運動を続けながら症状の改善が可能なのか』を正確に見極めながら治療を行います。

 鍼灸治療      3240円 (片足)
 鍼灸治療の特徴は、中度〜重度の痛みを伴うシンスプリントでも痛みの緩和を早期に実現できる事です。
当院で行っているシンスプリントに対する鍼灸治療は、トリガーポイント療法を行っています。このトリガーポイント療法の目的は、シンスプリントの原因となっている可能性のある筋肉を緩める事と、痛みの軽減・損傷部位局所の血流改善です。運動を継続しながら、シンスプリントを回復させたいという方にも鍼灸治療はお勧めです。
 使用する鍼は、太さ0.20oの日本製の使い捨ての鍼を使用します。鍼灸治療に痛みはほとんどありません。ご安心ください。 

 テーピング療法   1080円〜2160円
 テーピング療法は、シンスプリントの痛みに影響する筋肉の保護やリンパの流れの改善、治療後の良い状態を維持する目的で行います。

 整体療法      3240円 (片足)
 整体療法では、下腿部の筋肉をほぐし筋肉の正常な活動ができるように調整します。整体療法では、手技やヒットマッサー(治療器具)を使用して行います。この治療法は、シンスプリントの痛みがごく軽度もしくは、シンスプリント回復後の予防治療に最適です。
中度以上のシンスプリントの場合、この治療法では症状改善に時間がかかります。

これらの方法以外にも「このような治療を受けたい」などありありましたらお伝えください。
※初診時には、初診料が2160円別途必要です。
※院長希望の場合には、別途1080円必要です。ご希望の場合には、ご予約の際お申し出ください。
※シンスプリント治療に健康保険の適応はできません。
※御予約はお電話で承っております。

 シンスプリント治療Q&A

.シンスプリント治療の治療内容は?
.シンスプリントの治療は、スポーツ鍼灸治療・テーピング治療・AKA(関節運動学的アプローチ)・物理療法です。これらの治療法を組みあわせて行う事によってシンスプリントの改善を目指します。治療法の決定は症状や筋肉のバランスに合わせて行います。ご安心ください。

.予約が必要ですか?
.治療は完全予約制で治療を行っています。お電話でご予約の上ご来院ください。担当希望がある場合もお電話の際にお伝えください。

.シンスプリント治療期間は?
.シンスプリントの症状によって治療期間は様々です。多くの場合は3か月以内(回数では10回以内)に改善できています。治療間隔は、週に1〜2回の治療です。

.シンスプリントの治療は痛くないの?
.当院で行っている治療法には基本的に痛みはありません。どの年代にも対応した治療を行っています。

.シンスプリント治療料金はいくらですか?
.鍼灸治療     片足 3240円
  テーピング療法  1080円〜2160円
  なお、シンスプリントの治療に健康保険の適応はできません。

.治療時間はどれぐらいかかりますか?
.治療時間は30分前後です。症状が強く出ている場合には、治療時間が30分以上かかる事があります。初診時は問診のお時間を含め約1時間程みていただけたら大丈夫かと思います。

.子供のシンスプリントも治療が出来ますか?
.子供のシンスプリントの治療も行っています。

.シンスプリントの予防は可能ですか?
.シンスプリントを予防するためには、ストレッチなどの日頃からのケアが重要です。

.保険は効きますか?
.鍼灸治療の保険の適応は、腰痛・神経痛・リウマチ・頸腕症候群・五十肩・むち打ち後遺症は保険の適応が可能です。但し、医師の同意書が必要となります。
整骨治療の場合、ケガによる骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)のみが保険での治療が法律で認められています。

当院でシンスプリント治療を受けるメリット

1.痛みの原因がわかります。
 今現在の痛みの原因を分析しわかりやすく説明します。

オバマ大統領からいただいたGOLD AWARD2.世界に認められた実力
 2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD
 2015年7月 国連機関WHFから顕彰を受賞

3.アフターフォローが充実
 効果の維持と再発を防ぐため、一人一人にあった体操やトレーニングを指導しています。

4.スペシャリストによるシンスプリント治療
 全ての治療スタッフは治療のプロです。当院の今までの経験により、日々改善を行いながらシンスプリントの治療を行っています。また、痛みを伴うような危険な方法は行いません。

5.全身のバランスを考慮した治療
 施術スタッフは、全て医療系国家資格所持者です。身体のバランスや運動機能などの専門家である為、1人1人の状態に合わせた矯正が可能です。

6.高度な治療技術を提供します。
 多い月では、月に30時間を超える解剖学・生理学・運動学・東洋医学・スポーツ医学・レディース整体などの院内研修を行っています。

当院は、治療に絶対的な自信を持っています。安心して、御来院ください。
日曜日もシンスプリントの治療を行っております。

【治療に御来院いただいている地域】
大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区・大正区)
大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府東大阪市・大阪府富田林市・大阪府泉佐野市・大阪府箕面市・大阪府羽曳野市・大阪府堺市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市
奈良県・京都府・岐阜県・和歌山県・岡山県・愛知県・滋賀県・徳島県
2016年2月22日現在

Runner's kneeランナー膝

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 080-6224-4693
mail toyo_medicine@ezweb.ne.jp
日曜日もシンスプリントの治療を行っております。
最寄駅:新大阪駅(徒歩約8分)
ランナー膝の治療予約